アティチュード » 刺繍って奥深い、簡単そうで厳しい

 

刺繍って奥深い、簡単そうで厳しい

  • 投稿者 : wp_sv_860_7655
  • 2017年9月1日 9:50 AM

先日刺繍にはまっている。刺繍って中学の時にファミリー科で習って依頼していなかったんだけど、なんとなく刺繍がしたくなって100均で器機買って来ました。

ではウェブを見ながら簡単なステッチのおさらいをしました。

志すは樋口愉美子くんという刺繍だ。

だが、簡単なステッチも実にきれいにできず、刺繍ってこれ程難しかったかなあ?というバリアにぶち当たっている。

樋口インストラクターの刺繍を見ても、特に難しいステッチは使っていなんですね。

なのに、凄いきゃしゃ明媚!

あんな素敵に刺繍できたら仮におかしいかなって思います。

刺繍もアート、とどのつまり感性ってことなんですよね。

青写真やコントラストの感性なんかも必要です。

そんなことを感じ取るのも著しく嬉しいだ。

も、刺繍って思った以上に刺繍糸を使うんです。

リハーサルにこんなにも糸使ったら悔しいんでしつけ糸を3書物重ねて練習している。

早く刺繍糸で明るい刺繍望むだ。

手始めはエコバックを作りたいと思っているんですが、終息が何時になるのか、遠い未来のような気がします(笑)

層と共に目線を悪くなって、詳しい進め方をすることを避けていたのですが、刺繍の特長にはまり、老眼かけながら頑張っています。

野望は広く、ネットでの売却目指して頑張ります!http://www.johneustice.com/

この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.